抵当権抹消

抵当権抹消登記とは

銀行等の金融機関から住宅ローンのお借り入れなどをされる際、購入する不動産を担保として提供することになるのが通常です。
このような場合、その不動産に抵当権が設定されていることが土地・建物の登記簿に記載され、これが抵当権の登記となります。
住宅ローンの返済が終わった場合抵当権の抹消手続きをしなければ、いつまでも不動産登記簿に抵当権の登記がされたままにまってしまいます。

抵当権の登記を抹消しないで放置すると、後日、不動産を売却する場合に登記手続きが面倒になったり、新たな借り入れをすることが難しくなります。
銀行から交付される書類の中には、有効期限のある書類(代表者事項証明書)が含まれており、期間を経過してしまうと再発行のために追加手数料が必要になる場合もあります。

以上のようなことからも、住宅ローンを完済し、抹消書類一式が送られてきた際には速やかに手続きをすることをお勧めします。

一戸建て(土地1筆、建物1筆)・住所氏名の変更が無い場合
報酬登録免許税・実費
抵当権抹消10,500円2,000円
登記事項証明書0円1,634円
郵送代0円500円
お支払いいただく費用の合計14,634円

※ご来所の際には下記のものをご持参下さい。

①金融機関から受け取られた書類

②ご本人確認できる運転免許証等

③お認印