任意整理

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、司法書士などが私的に債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。
債権者と和解案に合意ができた場合は、和解案に従って、3年~5年の間で借金を返済していくことになります。

※次のような方々が任意整理に適しています

自己破産をするほどではないが現在の借入額の返済を続けるのが困難な方

自己破産をしたくないが現在の借入額の返済を続けるのは困難な方

自己破産をすると仕事に支障がある方(例:資格を要する仕事で破産が欠格事由となる場合など)

任意整理のメリット

一部の借金のみを整理することもできます

司法書士等に依頼した後は債権者からの取立てが止まります

借金を減額したり、払い過ぎていたお金を取り戻せる場合があります

自己破産や個人再生のように官報に載ることがありません

自己破産のように資格制限がありません

裁判所を通さないので時間的な拘束はあまりありません

任意整理のデメリット

数年間は、新たな借り入れ、クレジットカードを作ることはできません

ブラックリストに載ってしまいます

過払返還とは

過払い金とは、金融業者に返済しすぎたお金のことです。

※過払い金返還請求ができる人

高金利の消費者金融やクレジットカードで長期間借り入れをしている人

高金利業者から借り入れをして支払いが終了(完済)した人

過払い金が発生するのは、利息制限法による引き直し効果が負債額を上回るためであるため、利息制限法の制限金利を超える借り入れをしていた人が借金の支払いを終了(完済)した場合には、過払い金が発生することもあります。