自己破産

自己破産とは

自己破産とは、「借金額が大きくなって返済の見込みがなくなった時に、裁判所にその旨を申立て、借金を免除してもらう」ことをいいます。
もちろん選挙権がなくなる、戸籍や住民票に載ってしまう、会社を解雇されてしまう(自己破産を理由に)、といったことはありません。

自己破産は、債務整理手続のなかでも借金を0にさせることができる最も強力な方法で、債務の返済が困難な場合には、自己破産を利用した方が格段に有利です。

ただ自己破産を申し立てた方全員が、借金を0にしてもらえるというわけではありません。自己破産には、免責不許可事由というものがあり、それに該当する場合は 自己破産しても借金が免除されない可能性があります。

では、具体的に免責不許可事由とはどのような事項なのでしょうか?

・財産を隠したり、壊したり、贈与したり、債権者にとって不利益となるような処分をしたとき

・借金の原因がギャンブルや浪費であるとき

・開始決定の1年以内に、破産状態にあることを隠して信用取引によって借入れをしたとき

・裁判所の調査について、説明を拒否したり、ウソの説明をしたとき

・破産管財人や保全管理人の職務を邪魔したとき

上記でご紹介した免責不許可事由にあてはまる場合であっても、100%借金が免除されない、ということではありません。免責を許可とするか、不許可とするかは、 借金をするに至ったきっかけや、自己破産をされる方の家計の収支、財産状況、など様々な事情を考慮したうえで、裁判官が最終的な判断を下します。

法律的には、破産手続と免責手続とに分かれており、破産手続によって債務の免除がなされるわけではなく、免責許可決定によってはじめて借金がゼロになります。

※自己破産と任意整理・個人再生との違い

住宅を維持したい人、免責不許可になる可能性の高い人、資格制限(破産が欠格事由となる資格)により職を失う人などは任意整理・個人再生を選択したほうが良いでしょう。 その他の人は自己破産のほうが良いと考えられます。

自己破産のメリット

借金が免除されます

司法書士等に依頼した後は債権者からの取立てが止まります

日常生活に必要な家財道具・生活必需品を手放す必要はありません

自己破産のデメリット

免責を受けるまでの間は一定の職業につけなくなります

マイホームや資産価値の高い車などは手放すことになります

ブラックリストに載ってしまいます

官報に掲載されてしまいます

数年間は新たな借り入れやクレジットカードを作ることはできません