不動産登記

不動産登記とは

不動産登記とは、購入した家や土地の情報(所有者、面積など)を国家機関である法務局に届け出て、公の帳簿である「登記簿」に記載することをいいます。これを一般に公開することで、大切な財産である家や土地が自分のものであると公示します。

※こんなとき登記が必要です

住宅ローンを組んだときから完済するまで

住宅の売買をするとき

不動産の相続や贈与をするとき

司法書士の業務としては、たとえば、不動産の売買に際して必要となる、売主(前所有者)のローン返済にともなう担保抹消、売主(前所有者)から買主(新所有者)への所有権移転、買主(新所有者)へのローンにともなう担保設定等について、当事者の代理人として決済に立会い、真正な登記の実現により、その不動産取引を安全なかたちで完成させる役割を担っています。

(住宅ローンを借り換える際は、抵当権の設定登記と抹消登記を同時に済ませないと、利払い分で予定以上に費用がかかることがありますので、法律の専門家に任せることをお勧めします。)