費用

費用

下記料金はあくまでも基準額です。
事案によって変わる事がありますので、事前にお問い合わせ下さい。 面談後にお見積書をお渡ししますのでそれを見てから依頼するか決めて下さい。お見積りの金額以上に請求することは致しませんのでご安心ください。
なお、登録免許税は別途かかります。
お見積もりは無料です。お気軽にご相談下さい。

不動産登記
業務内容報酬額
所有権移転(相続)43,200円~
所有権移転(売買)32,400円~
担保権設定32,400円~
担保権抹消10,800円~
各種契約書作成10,800円~
商業登記
業務内容報酬額
会社設立64,800円~
変更登記申請21,600円~
本店移転21,600円~
各種議事録作成10,800円~
役員変更10,800円~

案件の種類により、出張費、事前調査費、取引立会費、登録免許税、予納金、印紙、郵券代等が必要になります。

案件の難易度により、報酬額が増減する事があります。

消費税込

債務整理
業務内容報酬
債務整理着手金1社21,600円~(分割可)
過払い金返還成功報酬返還金額の21%
減額成功報酬減額金額の5. 25%
自己破産書類作成250,000円~
(実費約20,000円)
個人再生書類作成270,000円~
(実費約30,000円)

分割払いも可能です。

生活保護の受給者や、収入が年金のみの方については、出来るだけ法律扶助制度の利用を検討しますので、お気軽にご相談下さい。

消費税込

実費は債権者数により、若干増減致します。

自己破産、個人再生事件において、債権者数や事案の難易度に応じて追加で費用を頂く事もありますが、その場合には必ず事前にご説明致します。

訴訟を提起する場合には、別途印紙代・郵券代などが発生します。

簡易裁判所訴訟代理業務
業務内容成功報酬
裁判外示談交渉経済的利益の10.5%~21%
(着手金32,400円~)
訴訟代理経済的利益の15.75%~26.25%
(着手金32,400円~)

訴訟を提起する場合には、別途印紙代・郵券代が発生します。

消費税込

裁判所提出書類作成業務(自己破産、個人再生を除く)
業務内容着手金
訴状、準備書面等書類作成54,000円~
強制執行申立書類作成32,400円~
相続放棄申立書類作成21,600円~
家事調停申立書類作成32,400円~
成年後見申立書類作成54,000円~
内容証明郵便の作成
業務内容報酬
内容証明郵便の作成10,800円~(実費1,220円)

本人名義の内容証明郵便

司法書士が代理人として名前を出す場合は、140万円を超えない案件で、かつその後の交渉等も含めて事件を依頼していただける場合です。 従って上記の着手金のお支払をお願いすることになります。理由は、相手方や相手方の代理人である弁護士や司法書士から連絡が来た場合に、「私は内容証明郵便を書いただけですから交渉はできません」とは言えないためです。

消費税込